バイトに関するコラム

バイトに飽きた時の対処法と飽きないバイト3選【辞める前に】

2017年10月12日

  • バイトに飽きたときは辞めるべき?続けるべき?

多くの人が抱える悩みがバイトに飽きた時の対処法です。辞めることも一つですが、続けるべきと判断したとき、具体的にどのような対処法があるのか。

今回は、「バイトに飽きた時の対処法と飽きないバイト」をテーマにライター様の対処法を紹介していきます。

対処法を試した後で、バイトが飽きてどうしようもない場合は、飽きないバイトを始めてみてもいいでしょう。

それでは、ご覧ください。

スポンサーリンク

バイトに飽きた時の対処法6選【辞める前に】

  1. いつもと違うことをしてみる
  2. 固執しすぎない
  3. 思い切り休んで考える
  4. 仕事の質を上げる
  5. 仕事のやり方を変える
  6. 短期バイトをやってみる

1.いつもと違うことをしてみる

お金

ぜひいつもと違うことをしてみることをオススメします。

例えば、普段あまりしない掃除を積極的にやってみてはどうでしょう?飲食店ならいつも掃除しない床の奥底や洗浄機の奥などです。どうしても忙しいときは仕方ないですが、飽きたと感じるときは、店舗が暇なときかなとおもうので、普段の仕事は基本他のメンバーに任せて、忙しくなったら戻る、それ以外は掃除。

すると店長にも喜んでもらえるはずですし、やりきってきれいになったときの爽快感は最高だと思います。 また普段やらない、より仕事が早くなるための整理整頓をしてみたり、仕事のマニュアルを作ってみたりと、メンバーや店長から喜んでもらえる仕事をすると、気持ちがよいし、マンネリ化も防げると思います。

2.あまり固執しすぎない

ホテル

せっかく苦労して入った会社なのに、仕事をすることに飽きてしまった。焦りますよね。 わたしも何回も経験してきました。

バイトの内容には不満がありません。給料だって生活するのに充分な額は頂いています。 それなのに、なぜ飽きたのか。自分が本当に望んでいた仕事じゃなかったから大抵の人がそうだと思いますが、本当に就きたい仕事ができている人は極わずかですよね。

嫌いな仕事だけど、生活費を稼ぐために仕方なく働いている人がほとんどです。 真面目な人ほど、途中でバイトを抜け出せませんし、苦手だけどやらなくちゃいけないんだ。 自分で自分を縛りつけてしまうけど、やりたくない事なら、やる必要はないんですよ。

まずは一日だけ休んでみましょう。それから、そのバイトを続けるか、思い切って転職するか、自分の心と向き合って考えてみてください。

いきなり生涯の仕事は見つかりません。 いろんな会社を転々として、ようやく腰を落ち着ける場所が見つかるものですよ。

スポンサーリンク

3.短期バイトを始めてみる

派遣バイトイベントスタッフ

リゾートバイトやイベントスタッフなどの短期バイトを始めるのもマンネリを断ち切る方法の1つです。短期バイトなら一日だけ、5時間だけとサクッと稼げるので気持ちを切り替えることができます。

下記におすすめの短期バイトを紹介した記事があるので参考にして見てください。

4.思い切り休んでみて考える

マッサージ

バイトに飽きたときの対処法として一番いいのは、辞めるではなく、休んで考えるだと思います。

飽きるというのが、単調な作業に飽きたのか、人間関係に飽きたのか色々だと思いますが、バイトでもらえる給料に自分の働きが見合っているのかを一度立ち止まって考える時期にきているのではないでしょうか。 そんな休めないと思うかもしれませんが、バイトは正社員ではありません。

休むことで心身ともリフレッシュしますし、休んだ時期は給料がもらえないわけですから、どれだけの時間バイトし、どれだけの給料が自分に必要かの見直しにもなり、飽きたなんて言ってられないか、それとも辞めてしまっても大丈夫なのかの見極めになると思います。

5.仕事の質を上げるよう頑張ってみる!

インターンシップ

私がよくするのは、他の人には気づかれないような小さなところで、仕事の質を上げてみることです。

例えば、飲食店などなら、いつもより少しだけ丁寧に料理を盛り付けてみる、スプーンやフォークをピカピカに磨くとか。誰かに気づいてもらうためにやるんじゃなくて、自分はその仕事のプロなんだ!って言い聞かせながらやるんです。

情熱大陸に取材されている気分になって…笑 そうすると、なんだかモチベーションも上がるし、結構あっという間に時間が過ぎてしまいます。 あとは、バイト代が入ったら〇〇を買う!とかイメージしながら働くのもオススメの方法です。

6.仕事のやり方を変えてみる

毎日同じルーティンでバイトをしていると、飽きた時にそのままモチベーションが続かなくなってしまいます。

そんな時は、少し仕事の順序を変えてみるなどより効率の良いやり方を考えてみるのも対策の一つです。もちろん変えられない順序はありますし、仕事の内容にもよりますが少し考え方を変えてみることでバイトを楽しむことができます。

もしもシフトを変更できるのであれば、シフトを変更するのも適した方法です。シフトが変わるだけで環境や仕事内容が変わるので新たな気持ちでバイトに臨むことができます。曜日を変えたり、少し休んでみるなどいろいろな対処法があるので長続きさせられるように工夫をしてみましょう。

バイトは慣れてきた頃が一番飽きやすくなるので、ちょっとやる気がなくなってきたと感じたらそれまでとは違うことを行ってみましょう。少しだけでも変化があれば、全く違う気持ちで仕事ができます。

飽きないバイト3選

1.インターネットカフェ

ゲーセンバイト出会い

インターネットカフェのバイトは飽きないおすすめのバイトです。

若い人からお年寄り、サラリーマンやホームレスのような人まで様々な人が訪れます。 すべての人がよい人というわけではなく、もちろん嫌なお客様もいらっしゃいますが、 それはそれで面白く、友達と話すネタになると思えば耐えられます。

また、部屋の使い方や読む漫画の好みなど、人間観察にはもってこいです。 こんなに怖い顔をしてるのに少女漫画を読むのか。、とてもきれいな身なりをしているのに部屋の使い方汚いな。 など、毎日面白い発見ばかりです。

作業自体は受付をしたり、お客様が帰られたあとの部屋を掃除したりと 単純作業が多く、すぐに覚えられると思います。 ただ、きれいに部屋を使ってくれる人ばかりではないので汚いものを触ったりできる人が向いていると思います。

受付や呼び出しの対応をする上で、いろんな方とお話しする機会があります。 そうすることでコミュニケーション能力も磨かれるし、 人生経験豊富な方のお話もたくさん聞くことができます。 私は大変だったこともありますが、インターネットカフェでバイトできてよかったと思っています。

飽きない理由

  • 人間観察ができるから飽きない

2.スーパーマーケット

スーパー

スーパーマーケットの早朝品出しは、飽きないおすすめバイトです。

理由としては、常に体を動かしているからです。 重いものを持ったり運んだりするので、 若い人にもおすすめだと思います。 勤務時間も短く、 お店が開店するまでの時間に作業をします。

早朝なので、時給も他に比べてよかったですし、仕事が終わってから大学に行けるなど、大学との両立が比較的ラクでした。午前9時には仕事が終わるので、そのあとに予定も入れやすく、プライベートもしっかり確保できました。

主婦の方も多く働いていて、女性でも働きやすい職場でした。飽き性な人だったら、デスクワークみたいな「動かない」仕事よりは品出しのように「体を動かす」仕事がおすすめだと思います!

飽きない理由

  • 常に体を動かすから飽きない

3.イベントスタッフ

派遣バイトイベントスタッフ

イベントスタッフは、飽きないおすすめバイトです。

毎回違うアーティストや舞台のスタッフとして働けて、会場もホールやスタジアムなどいつも違うところに行けるので、飽きずに続けられておすすめです。

働いているのも学生が多く、仕事は先輩スタッフが教えてくれるので、初めてでも気軽に楽しく始められます。夏休みや冬休みなどの短期でも可能ですし、毎週末や週5のレギュラースタッフとしてなど、自分の働くペースに合わせてシフトを入れられるので、空いた時間や休みの日に無理なく続けることができます。

普段は出入りできない舞台の裏側や、スタッフだけが見られる場面など、様々な経験ができ楽しいです。 イベントや舞台が無事に終わった時の達成感や、スタッフとして関われたことへの充実感など、やりがいを持って仕事することができるアルバイトです。

明るく元気に挨拶ができればほとんど採用されるので、働きたいと思ったらすぐに始められるのも魅力です。

飽きない理由

  • 常に体を動かすから飽きない

まとめ

以上が「バイトに飽きた時の対処法と飽きないバイト3選【辞める前に】」になります。

当サイトでは、バイトに飽きた人に役立つ本当におすすめなバイトを紹介しています。

下記のリンクからぜひみて見てください。

イチオシのバイト求人サイト

第1位 マッハバイト

イチオシの理由

①求人数20万件以上(全国対応)
②最大1万円の採用祝い金がもらえる
③たった1分で簡単登録

大学生に"本当に"おすすめなバイト

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

大学生おすすめバイト

-バイトに関するコラム

Copyright© 大学生おすすめバイト.jp , 2019 All Rights Reserved.