バイトに関するコラム

アルバイトに受からない大学生、ニートの7つの特徴【大学3年】

投稿日:2017年9月15日 更新日:

高校生や大学生の男女、大学3年生、ニート、フリーター、バイト未経験者に向けて、バイトに受からない人の特徴や理由を紹介した記事になります。

以下の項目に当てはまる場合、何かしらの改善をし、再度バイトへの応募をしてみてください。

少しの違いで見た目や第一印象がガラッと変わることがあります。バイトに受からないからと投げ出すのではなく、現実と向き合って悪い点は改善しましょう。

スポンサーリンク

アルバイトに受からない大学生、ニートの7つの特徴【大学3年】

バイト受からない

1.一般的な常識がない

たとえバイトであっても、一般的な常識がなければ採用されません。

例えば履歴書に写真を貼っていなかったり文字が丁寧に書かれていないと、書類選考の段階で印象が悪くなり、他の人と比較したときに不採用になってしまいます。 履歴書は必ず手本などを見て漏れがないよう、丁寧に仕上げましょう。

また面接時は、言葉遣いなどにも十分気を付けましょう。挨拶をしないのは問題外ですが、受からない人は「マジ」や「ヤバイ」といった話し言葉がうっかり出てしまいがちです。

いくら面接担当者がフレンドリーだったとしても、自分の立場をわきまえた言動を心がけましょう。 ここで働きたいという意欲を示す為に、真剣に選考にのぞむことが大切です。

2.声が小さく聞き取りづらい

バイトとして採用する上で、清潔感のある見た目だけでなく、声も重要となってきます。

やはり、明るく大きな声は聞き取りやすいだけでなく、それだけで「仕事の出来る人」という印象を与えます。 小さくぼそぼそとした声で話をされては、聞き取りづらい上に「なんだか仕事を任せられない」という印象を相手に与えてしまいます。

決して、普段から大きな声で話さなければいけないといっているわけではありません。

せめて、バイトの面接の時だけは明るく大きな声でハキハキと話すように意識しましょう。 どんなに立派な経歴や経験を持っていても、「声」が原因でバイトに受からない人もたくさん居るのです。

声が小さい

声が小さい人はそれだけでバイトに受からないです。

まず声が小さいと自信なく不安そうに見え、そんな人に仕事を任せられるのか採用者は心配になってしまいます。

また声が小さいと返事を聞き取ってもらえません。 そうすると人の話を聞いていない人、また愛想のない人と思われてしまいます。 容姿によっては怖い人と捉えられるかもしれません。 バイトは上から指示されることが多く、チームワークで動くことが多いのでこのように思われてしまっては採用には繋がりません。

出来るだけ大きくハキハキとした声で話すと、自信に溢れた頼れる印象を与えることができ、相手もまた聞きやすいのできちんコミュニケーションが取れる人物だと思われます。

スポンサーリンク

3.はきはきとしゃべれない人

バイトというとファーストフードやコンビニなどお店での接客や、家庭教師や塾の講師のように教える仕事など人と関わるものが多いと思います。

お客さんと関わらない事務や裏方の仕事であっても、バイト仲間や社員さんとのやり取りは必須です。そのため挨拶をしなかったり、ぼそぼそと小さな声でしゃべっているとお客さんやバイト先の人達とのコミュニケーションがうまく取れずに、業務に支障が出てしまいます。

そのため、はきはきと元気にしゃべることができる人でなければ面接は受からないでしょう。必要以上に大きな声を出す必要はないですが元気よく挨拶や返事をし、相手に聞こえる声でしゃべることを心掛けて下さい。

4.空白期間があるニート、フリーター(バイト受からない)

職歴に空白期間があるだけで経験の有無関係なく、マイナス評価になります。

社会に出ていない期間が長ければ長いほど、社会性や人とのコミュニケーション能力に問題があると見られがちです。

とくに、飲食店でバイトをする場合、ニート、フリーターであることは100%不利に作用します。人とあまり関わらないバイトをするか、手に職をつけていつでも社会復帰できる状態を目指すのも1つの対策となります。

5.長期勤務の可能性が低い大学3年生、大学4年生

採用するのであれば、できるだけ長期勤務してくれる学生を採用したいと思うものです。

育成コストの面や色々な手続き、コミュニケーションコストなどの手間を考えると、長期勤務の可能性が低い大学生は採用しづらい面があります。

もちろん採用されないわけではなく、あくまでされにくいということです。面接の場では、できる限りシフトに入れる旨を主張すると採用確率が上がりますよ。

6.容姿と職場がマッチしない人(デブ、顔など)

職場の雰囲気やTPOにマッチしていない容姿の方はバイトで採用されづらいでしょう。

ブライダルスタッフやスタバなど、容姿端麗の人を積極的に採用する場では見た目は商売道具の1つとなります。この商売道具は売り上げに直結し、客引きのためでもあります。

そんな中に容姿に問題のある方が勤務することは、お店の評判を下げることになりかねません。非常に言いづらい問題ではありますが、実際問題としてあるので清潔感に気を使ったり、眉毛や髪型にも気を使うといいでしょう。

7.バイト未経験者

経験者を優遇して採用するのは当たり前です。

ボランティアでバイト末経験者に教育をするはずはなく、できるだけ人件費のコストを下げてお店を経営していく必要があります。

そんな時、バイト未経験者は不利であり、やる気や元気、ハキハキとした声など経験値以外の面でアピールすることを忘れないようにしてください。

意外にもこうしたアピールでバイトに採用される方がいます。一緒に長く働いていくなら明るい人の方がいいですし、何を考えているかわかる人の方がいいと思われるのが普通でしょう。

まとめ【大学3年におすすめのバイトはある】

以上が「バイトに受からない大学生、ニート、フリーターの7つの特徴」になります。

大学3年はアルバイトをしようと思えばできるので、下記の記事を参考にするといいでしょう。

イチオシのバイト求人サイト

第1位 マッハバイト

イチオシの理由

①求人数20万件以上(全国対応)
②最大1万円の採用祝い金がもらえる
③たった1分で簡単登録

大学生に"本当に"おすすめなバイト

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

大学生おすすめバイト

おすすめ求人サイトランキングTOP3

▼画像をクリックすると記事が見れます▼

バイトサイトおすすめ比較ランキング

-バイトに関するコラム

Copyright© 大学生おすすめバイト.jp , 2019 All Rights Reserved.